使い捨てマスクを置き換えよう。布マスクは綿と麻がおすすめ!

エコ生活

猛暑のなかでもマスクをしなければならない今日。
みなさんはどんなマスクを使っていますか?
最近では冷感や速乾なども流通していますが、まだまだ使い捨てのマスクを使っている方も多いのではないでしょうか。洗う必要がないから便利だけど水滴になったりして不快。蒸れてかゆみや肌荒れの原因にもなりますね。
更に、使い捨てマスクは環境面にも大きな影響を与えているのをご存じでしょうか。
そこで、肌にも環境にも優しい布マスクをオススメします!
使い捨てマスクが与える環境への影響、布マスクの素材選びなどをまとめていきます。

コロナごみ

新型コロナウイルスの影響で世界中の人がマスクを着用していますね。
仮に、日本の人口1億2600万人が6カ月間毎日使い捨てマスクを使ったとすると22,938,425,000個のゴミが出ることになります。桁が多すぎてわからない。229億3842万5千個!であってますかね。
これ日本の人口だけなので、世界で考えたら?1年で計算したら?かなり大量のゴミになりますね。
たった一日、いやたったの数時間使っただけでポイ。それらは世界中の川や海で見つかっていて、コロナごみと呼ばれています。

ネコタリアン
ネコタリアン

海中を漂うマスクの数はクラゲの数より多いだと!? 

魚ちゃん
魚ちゃん

クラゲと間違えて食べちゃうことがあるんだよ!

 

使い捨てマスクの素材

使い捨てマスクのほとんどは、不織布(ふしょくふ)で作られています。
不織布とは繊維を織らずに絡み合わせたシート状のものを言い、マスクだけでなくショッピングバッグや収納ボックスなどにも使われていたりしますね。

ところで不織布の素材はなんだか知っていますか?
ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリエステル、ポリウレタン‥‥これらすべては石油系燃料で作られたプラスチックです!

そうじぃー
そうじぃー

布なのにプラスチックじゃと!?

使用後マスクの行方

多くの自治体は、使い捨てマスクを可燃ごみ又は燃やすごみに出すことを指示しています。
マスク、燃やしたらどうなるか。消えてなくなる?
いいえ、どんなに燃やしても完全に消えることはなく、マイクロプラスチックという小さなプラスチックになって、下水を通って海に流出すると言われています。また燃やすときに熱量が出るため温暖化の原因になりますね。

さらに日本のごみは「資源」という名目で海外に輸出されていることをご存じでしょうか。日本に限らず多くの先進国はごみをアジア諸国に押し付けている状態です。

猫シェフ
猫シェフ

そして輸入国の人々が一番コストを掛けずに処理する方法は、海に捨てることにゃ!

つまり使い捨てマスクも海にそのまま流出している可能性があるのです。実際に、海でゴミ拾いをしていると、使い捨てマスクや手袋が落ちています。海岸や水中に流れたプラスチック素材は太陽の日に照らされて徐々に砕かれ、マイクロプラスチックになります。
このマイクロプラスチック、波が引いた跡にびっしりと残っています。
ひとつひとつ拾っているときりがない。海に流れた後は回収不可能といわれています。
私たちは新型ウイルスから身を守っているあいだ、また新たな危機をつくりだしているのです。

<参考>プラスチックごみ問題がとても分かりやすく書いてあります。こちら

布マスクは素材選びが大事

布マスクは繰り返し使えるため確実にゴミを減らすことができます。
また様々な色や柄があるので、自分の好みのものを選ぶことで気分も上がりますね。
洗うのが面倒と思う方は、帰宅したとき手を洗うついでに一緒に洗ってしまうと簡単です。

布マスクは素材選びが重要になります。
おすすめは、綿と麻です。
低価格で冷感素材のものを探すとポリエステルやポリウレタンのものが目につきます。しかしこれらは肌に刺激を与えてしまうこともあるうえ、洗濯によってマイクロプラスチックを作り出してしまいますせっかくなら肌と環境に優しい天然素材を選びましょう

おすすめ天然素材
■綿‥‥ふんわりとして肌ざわりがよい!お手頃価格。
■麻‥‥さらっとしていて清涼感がある!おしゃれ感がある。

更に、オーガニックや国産のものを選ぶことで輸送時に排出されるにCO2などを削減することもできます。国内の職人技を支えることにもなります!

ヨコロジーのおすすめマスク4選+@

猫好きにたまらない。可愛い+麻でサラッと気分が上がる!

今治タオルの気持ちよさがマスクに。夏に嬉しい冷感タイプ。

柿渋染め、天然の抗菌効果で強く優しく。

お手頃価格で麻100%マスク。

おまけ:こんな素敵マスクもあるんですね!素材にこだわりぬいたマスク。ゴム紐も選べる。
 

まとめ

暑いのにマスクをしなければならないストレスが少しでも軽くするために、生活必需品となっているマスクを見直してみましょう。環境に優しい選択と、気分転換にもなるでしょう!
お時間のある方は家に余っている布やお気に入りの布を選んで、自作するのもいいですね!

タイトルとURLをコピーしました