ヴィーガンレシピ☆豆乳マヨネーズの作り方 ミキサーなしでも!

レシピ

マヨネーズって、なんでも美味しくしちゃう魔法の調味料ですよね。
でもカロリーやコレステロールが心配だったり…そこで「豆乳マヨネーズ」がおすすめです!最近ではヴィーガンでも食べられる豆乳マヨが簡単に手に入るようになりました。しかし、買うと添加物も気になるし、もれなくプラスチックごみがでてしまう……
そこで!自宅で簡単、豆乳を使った「自家製ヴィーガンマヨネーズ」の作り方4つご紹介します。

ヴィーガンの方はもちろん、卵アレルギーの方、コレステロールが気になる方、ダイエット中の方必見です!ミキサーがないときの裏技もご紹介します!

ヴィーガン的 豆乳マヨネーズの作り方

材料に使う豆乳も自分で作ると更にエコ。➡時短!乾燥大豆から豆乳を作る方法

大満足!一押しマヨネーズ

最初に紹介するのは市販のマヨネーズに劣らない満足ヴィーガンマヨネーズ。
私の一押しです。

<材料>
①無調整豆乳…70㎖ (約大4.5)
②砂糖…大1/2
③酢…
大1/2
④マスタード…大1/2
⑤塩…小1
⑥(好みで)にんにく…半かけ
⑦油…90㎖ (大6)

  <手順>

  1. ①~⑥をすべてミキサーやフードプロセッサー等に入れて混ぜる。
  2. 油を4~5回に分けて加えながら混ぜる。👈ここ大事
  3. 味見をして、お好みでそれぞれ追加してください。
  4. 煮沸消毒した容器にいれて冷蔵庫で保存しましょう。

油、こんなに!?

それでも市販の普通のマヨより少ないにゃ。

冷蔵庫に入れて少し冷やすと更に美味しいです。
お好みで、こしょうやパセリを入れてもよいでしょう。

材料5つ!簡単マヨネーズ

次に紹介するのは、材料5つで簡単に作れるヴィーガンマヨネーズです!少量でご紹介します。

<材料>
①無調整豆乳…50㎖(=1/4カップ or 大3とちょっと)
②塩…小さじ半分
③砂糖…小さじ半分
④お酢…小さじ2
⑤油…50㎖(=1/4カップ or 大さじ3とちょっと)
  <手順>
  1. ①~④をミキサーやフードプロセッサーなどに入れて混ぜる。
  2. 油を4~5回に分けて加えながらミキサーにかける。👈ここ大事
  3. 味見をして好みの味にととのえます。
  4. 煮沸消毒した容器にいれて冷蔵庫で保存しましょう。
ネコタリアン
ネコタリアン

ちょっとさらさらかも!?

猫シェフ
猫シェフ

油をもう少し足してみにゃ?冷蔵庫に入れておくともう少し固まるけどね。

裏技!ミキサーなし・瓶で作るマヨネーズ

そうじぃー
そうじぃー

うちにミキサーなんてないし、油を計量カップで計ると洗うのが面倒なんじゃよ。

魚ちゃん
魚ちゃん

海に油が流れると僕には死活問題

猫シェフ
猫シェフ

それなら計らなくてもいい、瓶を使ってシャカシャカする方法があるにゃ。

ミキサーの代わりに空き瓶を使って作る方法です。
蓋つきの空き瓶を煮沸消毒しておきましょう。
上でご紹介した材料のお酢以外を目分量で空き瓶にいれ、ふたをしっかり閉めてシャカシャカ振ります!同じく油は数回に分けて入れ、最後にお酢をいれ、スプーンで混ぜます。
そのまま保存できるので洗い物も少なく済みます。
ちょっとサラサラ感が否めませんが、ミキサーや泡だて器がなくてもマヨ味を再現できる究極の方法です。

そうじぃー
そうじぃー

洗い物がスプーン1つのみ!らくちんじゃ!

ミキサーいらず・ノンオイルマヨネーズ

超ヘルシー!オイルなしヴィーガンマヨネーズ。

<材料>
①無調整豆乳…50ml
②砂糖…小さじ1 
③塩…小さじ1/2
④酢…大さじ2
  <手順>
  1. ①~③を泡立て機などでまぜる。瓶でもOK。
  2. お酢を足して更に混ぜる。
油なしなので超ヘルシー!
サラサラ系なので、マヨネーズというよりマヨドレという感じにはなりますが、油を控えている方でもマヨネーズ味を感じるにはこれで十分!
 

豆乳マヨネーズの栄養とカロリー

比較!普通のマヨネーズと豆乳マヨネーズのカロリー

マヨネーズは美味しいからついつい何にでもつけたくなっちゃう。でも油が多く使われてるし、カロリーが気になるところ。

100g当たりのカロリーはこちら↓

普通のマヨネーズ…706㎉
豆乳マヨネーズ…400㎉ 

すごいカロリー!!

でも100gって結構沢山。一日大さじ1杯半程度が推進されているにゃ。

大さじ1(15g)で考えると↓

普通のマヨネーズ…105㎉
豆乳マヨネーズ…60㎉

となります。その差約45キロカロリー、クッキー1枚分に相当します。

普通のマヨネーズを豆乳マヨネーズに置き換えるだけで、おやつのクッキー1枚多く食べていいってか!

豆乳マヨネーズの栄養素とその効果

自家製豆乳マヨネーズに使われる材料のそれぞれの栄養素と働きを簡単にまとめます。

豆乳

タンパク質、イソフラボン、鉄、ビタミンK、葉酸などが含まれる。
筋肉や臓器を作る、ダイエット効果、美肌効果、めまいや頭痛の予防、血液凝固(血が止まる働き)や骨の形成を助けます。

サラダ油(なたね、大豆、ごま、べにばな、ひまわり。またはそれらを混ぜたもの)

使われる油によって成分は異なりますが、基本的には、脂質、ビタミンK、ビタミンEなどが含まれます。
エネルギーとして働き、赤血球の生産を助け体の発育をサポートする。
抗酸化作用があり老化や動脈硬化などを予防することが期待される。

油をオリーブオイルにすると悪玉コレステロールを減らす働きが期待できるにゃ!

お酢

クエン酸やタンパク質を構築する多種のアミノ酸などが含まれる。
摂取した食べ物を効率よくエネルギーに変え、脂肪の燃焼を高めダイエット効果が期待できる。
腸内環境を整え疲れにくいからだをつくる。美肌効果や高血圧抑制効果も期待できます。

砂糖

ここではてんさい糖を取り上げます。
(白砂糖や三温糖などは製造段階で牛の骨を使って濾過する場合があるため、ヴィーガンな私はできる限り避けています。)→ホクレンさんの商品は大丈夫です。

上白糖の成分の多くは炭水化物であるのに対し、てんさい糖はカリウム、カルシウム、リン等の天然のミネラルを多く含みます。これらは体の臓器や組織を円滑に働かせるために必要となり、体内で製造できないため、食べ物から摂取する必要があります。

まとめ

自宅で簡単に豆乳マヨネーズが作れることがわかりましたね!分量も大体で大丈夫です。
普通のマヨネーズは卵の黄身に含まれるレシチンという成分が乳化(分離したがる油と水を混ぜること)剤の役割をしますが、豆乳やマスタードにもレシチンが含まれるため、卵なしでもマヨネーズが作れるということです。豆乳とマスタード、どちらも入った最初のレシピが安定のマヨネーズ感なのも納得です。
鶏卵農家のほとんどはゲージ飼いです。満員電車状態のゲージの中で一生を過ごし、ソーシャルディスタンスをとることは許されません。オスのひよこは生後1日でシュレッダーにかけられたり窒息死させられています。マヨネーズの材料を変えるだけで犠牲の少ない食の選択になります。
是非、食卓に愛を♡添えてみてください。

ネットショッピング用リンクまとめ

豆乳

<楽天限定> 選べる!オーガニックタニタカフェ豆乳とマルサン国産大豆豆乳の6本セット!1884円送料無料はここをクリック

<ほかのショッピングサイトでもそれぞれ購入可>


砂糖

タイトルとURLをコピーしました