卵・乳・豆乳・油・ミキサーなし!オーツミルクのヴィーガンマヨネーズ!

レシピ

みなさんこんにちは、ヨコロジーのヨーコです。
以前豆乳マヨネーズの作り方をご紹介しましたが、今回はオーツミルクを使ったヴィーガンマヨネーズの作り方をご紹介します。
マヨネーズというよりマヨネーズ味のディップと言った方が近いかもしれません。ミキサーがなくてもお鍋で簡単に作れます!

こんなにヘルシーでおまけに栄養も摂れるマヨネーズは他にないのではないでしょうか。マヨネーズのカロリーやコレステロールが心配な方、卵アレルギーや大豆アレルギーの方にもおすすめです!もちろんヴィーガン、グルテンフリーです。
それでは早速材料と作り方をみていきましょう!

材料

  • オーツミルク…100㎖ →つくり方はこちら
  • 砂糖…大さじ1/2
  • 酢…大さじ1/2
  • マスタード…大さじ1/2 (からしで代用可だと思います)
  • 塩…小さじ半分~1
  • にんにくすりおろし…少々
  • 油…大さじ2(なしでも)
  • こしょう…適当

油はなくでも大丈夫ですが、入れた方がよりマヨネーズ風になります。
お好みでハーブ等を入れてもいいですね。

作り方

  1. 鍋に全ての材料を入れてしっかり混ぜます。味見をして好みの味に調えます。
  2. 混ぜながら弱火~中火にかけます。もったりしたら火を止めて出来上がり。

以上!ミキサーもいらず超簡単です!
すぐに食べても、冷蔵庫で冷やしてからでも、好きな時にさっと作って食べられます。

失敗から生まれたオーツマヨネーズ

実はこのオーツマヨネーズ、偶然できたんです。
先日、豆乳がなかったので豆乳マヨネーズをオーツミルクに代えて使ってつくっていたところ、固まる気配がない。。。オーツミルクじゃだめなんだ!と思いました。なぜなら豆乳はレシチンが含まれていて、それが“卵の代役”を務めるんです。

そこで「じゃあコーンスターチ入れてとろみをつけよう」と、火にかけました。そしたらなんと、すぐにトロリと、そしてかなりしっかりしたトロリ感が!しかも味はマヨネーズ!コーンスターチ不要でした。

そもそもオートーミールは“お粥”としても食べるくらいとろみがあるんですよね。

豆乳マヨネーズは油を結構いれるんですが、オーツマヨネーズはオートミール自体のとろみを利用するので、油なしでもちゃんと固まってくれるんです。

まとめ

ヘルシーで美味しいオーツマヨネーズをご紹介しました。豆乳マヨネーズに比べると触感と見た目がちょっと違いますが、非常に簡単で洗い物も少ないので楽ちんです。ヴィーガンの方はもちろん、卵アレルギー、大豆アレルギーがある方、油分も少ないのでダイエット中の方にもおススメしたいマヨネーズです 🙂 

一般的なマヨネーズに含まれる卵、どのように生産されているかご存じですか?養鶏場で産まれたひよこたちはオスであれば生きたままシュレッターか袋詰めにされて殺されてしまいます。そして卵を産むにわとりたちはゲージにすし詰め状態、自由に歩いたり砂浴びしたり、光を浴びることすらも許さません。ただ卵を産むだけに生き、羽の生え変わる時期に卵の生産量が減る為殺されてしまいます。その命約18カ月。人間は卵を食べる必要はありません。動物由来の食べ物を買う代わりに動物のを尊重しませんか?🐣💚

 

タイトルとURLをコピーしました